上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
気の向くままに 若い命
FC2ブログ
その日その日に出会ったものや感じたことを、気が向いたまま書いていきます。
気の向くままに
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若い命
2007-11-09-Fri  CATEGORY: 最近感じること
いい話ではないのですが…
先日仕事関係のお客様が電車の事故で亡くなってしまった。偶然その事故の夜、仕事帰りにめずらしく職場仲間と飲んでいて、駅で遅延の掲示板を見ながら『そんなところで事故なんてめずらしいよね』などと話しながら帰った。まさにそれが彼女のことだったとは…
彼女はこの春から大学生になったばかりで、きっと沢山の夢や希望に満ちあふれていたことだと思う。直接話をしたりする訳ではなかったけれど、いろんな場面で彼女の頑張る姿をみたり、聞いたりしていただけに、あまりの唐突な出来事に『なぜ?どうして?』が頭をぐるぐる回る。詳しくはわからないが、学祭が終わって物凄く疲れていたのか、具合が悪かったのかもしれない。なんでそんなに慌てていってしまうのか…
事故やら事件やら、また自ら命を絶たれたり、そんな話を聞かないことはないような世の中、ほんのちょっとのボタンのかけ違いとかで、誰にいつなにが起こるかわからない。日頃なにもない毎日を当たり前のように過しているが、なにもない毎日って、本当は奇跡的なことかもしれないと思う。
彼女の家族やまわりの人たちが早く立ち直れますように
ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントピースケ | URL | 2007-11-09-Fri 14:18 [編集]
哀しい出来事ですね。
彼女自身も悲劇ですが、残されたご家族の心中を思うと、お会いしたことが無い方ですが、胸が痛みます。
まさに胸を引き裂かれる思いでしょう。
ほんとうに何が起こるかわからない昨今、生かしていただいていることに感謝をして過ごしたいです。
若い頃、大きな失敗をしてしまい、自殺を図ったことがあります。発見が早く恥ずかしながら、生き延びてしまいましたが、その時の母親の泣く姿はわすれられません。
母のために、母を悲しませないように生きよう・・
そう思いました。
彼女のご冥福をお祈りします。
コメントジャム80 | URL | 2007-11-10-Sat 21:38 [編集]
差し支えなければ、ご返事ください。
電車の事故とは、犬の散歩中の事故でしょうか?
違ったら、申し訳ないです。
実は、昨日ニュースで見たその話題が頭を離れなくて。
仰るよーに、人生は、ボタンのかけ違いとかで、いかようにも変わってきます。なにもない毎日にぼやいたり、腹を立てたりすることの方が間違いなのだと気付かされますね。
ご冥福をお祈り致します。

さきほど、公園で子供がアスレチック器具で怪我をする瞬間を目の当たりにしました。駆け寄ってご家族の方を探しました。聞くと明日は七五三で写真を撮るとの事。
顔は鼻血やらすり傷やらで、とても痛々しい。
しかし、命に関わらないと思うので一応安心はしました。

ただ、小さい体で器具によじ登っていくときに
危ないと思いながらも傍観してしまったことは
後悔しています。
そこで人様の子供でも危ないよ!と言えれば
またその子の人生も変わったのでしょう。
ピースケさん、おはようございます
コメントねえ | URL | 2007-11-11-Sun 09:29 [編集]
コメントありがとうございました。
こういう、インターネットとかの世界ではありますが、ピースケさんと会話できることも、ある意味奇跡的なことですよね。いつも優しいお気遣いが感じられるメッセージ、心がほわっとあたたかくなります。出会えたことに感謝!です。これからもよろしくお願いいたします。
これから、彼女を見送りにいってきます。
m(_ _)m
ジャムさん、こんばんは
コメントねえ | URL | 2007-11-11-Sun 19:17 [編集]
大変遅くなりごめんなさい。
葬儀が今日だったので(その後仕事…)バタバタしてました。
犬と女性の電車事故とは違いますよ。なんだか事故の話とかは本当にやるせない気持ちになります。特に子供が亡くなった、親御さんを見るのはつらいことです。
彼女はご家族や沢山のお友達に見送られて旅立ちました。
ねぇさん こんばんは
コメントジャム80 | URL | 2007-11-12-Mon 22:35 [編集]
勝手な憶測で申し訳ありませんでした。
文章をもう一度読み返しました。
事故などの予期できない望まない死というものは
本当に失った人達には、やりきれない気持ちでいっぱいだと思います。
ジャムさん、こんばんは
コメントねえ | URL | 2007-11-14-Wed 19:49 [編集]
わざわざありがとうございます。
事故やら事件やら話を聞かない日がないんじゃないかと、思うこの頃です。
ただ、暗い気持ちばかりを引摺っている訳にもいきませんね。
彼女のことを忘れずにしっかり生きていかねば!と思います。
トラックバック
TB*URL
<< 2018/10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2018 気の向くままに. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ
Copyright © 気の向くままに All Rights Reserved. Powered by FC2ブログ.