上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
気の向くままに 好きなもの
その日その日に出会ったものや感じたことを、気が向いたまま書いていきます。
気の向くままに
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『P.S.男』 台湾ドラマ 
2010-09-11-Sat  CATEGORY: 好きなもの
面白いです!!!このドラマ

『P.S.男』 原題『偷心大聖PS男』

BSジャパン 水曜18時放映中の台湾ドラマ

自分以外に興味を持たないナルシスト男、自分以外のことを『P.S.○○』と言う
そんな男がある女性と出会い、人間的に変わっていけるのか???
と言った内容。

以下ネタバレです(第1話から10話あたりまで)



主人公のシア・フージエは『落とせない女はいない』と豪語するブログやテレビ、ラジオで活躍、書いた本は全てベストセラーで女性に大人気のマルチ作家。知名度を上げる為なら手段を選ばない自己中男。次のターゲットはトップモデルのアマンダ。

彼女の気を惹こうと初主演映画の試写会にて騒ぎを起こし、以前にもトラブルとなっていたこの映画の監督から裁判を起こされる。判決は158時間の奉仕活動。それも彼が子供の頃いじめていたシャオチェンの働く幼稚園。

一方自分の幼稚園を持つ夢の為に生活を切り詰める、地味で真面目なシャオチェン。幼稚園で彼の指導を任されるが、子供の頃いじめられていた幼なじみであることにフージエが全く気づかないことに腹をたて、子供の頃の恨みを晴らす為地味な復讐を開始。

ある日フージエは友人同士であるシャオチェンとアマンダの前で『158時間内にアマンダは自分を愛するようになる、さもなくば首に縄を付けシャオチェンに引かれて歩く』と宣言。

二人が知り合いだと知ったフージエは、アマンダを手に入れる為にシャオチェンに近づこうと優しく接したりするがシャオチェンから全く相手にされず衝突ばかり。

しかしある日糖尿病の低血糖で倒れた園児のトールオ(アマンダの息子、世間的にはまだ秘密)を二人で病院に運ぶ辺りから少しずつ打ち解け始めます。

シャオチェンはトールオの一件のお礼の為にフージエと二人で食事に行くことになり、その後ホテルの部屋のバルコニーで夜景を見ながらおしゃべりをします。シャオチェンは今まで思っていたほどフージエは悪い人でないように思えて、自分が彼の幼なじみであることを打ち明けようか悩みますが結局話せません。こんなに近くにいるのに彼がまったく覚えていないことに段々腹が立ってきたのでしょうか『今夜は帰らせたくない』と言ったフージエがシャワーを浴びる隙にシャオチェンはフージエの服を隠し、追ってきた彼を素っ裸のまま部屋の外に放りだしてしまいます。『私が簡単に落ちるとでも思ったの?』と言い1人帰ってしまいます。

翌朝、フージエに仕返ししてすっきりのはずのシャオチェンが暗く落ち込みながらご飯を食べています。今まで嫌なヤツでしかなかったフージエの違う顔をみてしまったトールオの一件、昨夜一緒に過ごす時間のなかから、なにか心の中で変化が起きているようです。

翌日紙面は昨夜のバルコニーの様子を撮られてしまったフージエとシャオチェンのスキャンダル記事で大騒ぎになります。

幼稚園で二人は顔を合わせますが何故かフージエは昨夜のことを怒っておらず、いがみ合っていたふたりの様子がまわりにいる同僚のマリーやフージエの助手のダーマオも気づくぐらい変化しています。フージエはシャオチェンをみていると子供の頃いじめていた女の子『鋼鉄キバ女(シャオチェンのこと、フージエはまだ本人だと気づかず)』のことを思い出すとダーマオに話します。

その頃記事をみたシャオチェンの厳格な祖母が怒り、シャオチェンは田舎に連れ帰られてしまいます。マリーから祖母へ説明してくれと言われるが断るフージエ、でもシャオチェンの事が気になり、一人車を走らせ田舎に向かいます。そして二人で偽カップルを演じきり祖母や親戚に何とか取り繕いました。
飲めない酒を飲まされ酔っ払ったフージエはシャオチェンを見ていると子供の頃いじめていた女の子『鋼鉄キバ女』を思い出し、自分には特別な存在の子であったことをシャオチェンに話します。足元がふらついて倒れた際にいい雰囲気になりますがシャオチェンは拒み、彼に『真面目に付き合う気があるのか?』と聞きます。フージエは過去の裏切られた恋愛経験から、自分以外に関心は持たなくなったことと『愛なんて騙し合いにすぎない、使い捨てカイロのようなもの』と言います。

お互いに気になる存在になりはじめてはいたが、シャオチェンは『あなたと友達にはなれるが、使てカイロにはなれない』と話し、フージエの提案で二人は親友になろうということになります。

その頃フージエとトラブルを起こしていたモン・チェンエン(車の会社の御曹司で副社長)がフージエのブログで屈辱を受けた腹いせに、フージエの仕事が出来ないように圧力をかけ始めます。そしてフージエが欲しがっているものを全て奪う!と宣言した通り、アマンダに接触しはじめます。

アマンダは最初フージエを相手にしていなかったが、下積み時代にお世話になった人との感動的な再会をフージエにセッティングされたり、幼稚園で彼が息子のトールオと接する姿をみて心が少しずつ動き始めた様子(トールオもフージエのことが好きみたいだし)フージエとチェンエンが自分のことでいがみ合い始めたことを気にして、二人が和解できるように自分の誕生日会に二人を招待しますが…

フージエの厄介そうなお兄さんも現れ…

フージエ、シャオチェン、アマンダ、チェンエン。この4人の男女の恋愛や友情、人との出会いで今後どのように人間が変わっていくのかとても楽しみなドラマです。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
台湾ドラマ『敗犬女王』にどっぷりハマる
2010-06-27-Sun  CATEGORY: 好きなもの
深夜に偶然観てしまったのが運のつき?
いやぁ~ハマりました。韓流じゃなくて華流でございます。

台湾ドラマ『敗犬女王 My Queen』
BS 日テレ 敗犬女王


ドラマの内容は、もうじき33歳になろうとする美人で独身のキャリアウーマンと、25歳フリーター青年のラブコメものです。過去の恋愛で傷つきながらも懸命に生きている二人が、ぶつかりあったり支えあったり。はたまたいろんな人物が現れて、二人の関係はいったいどうなるの?という内容です(もっとしゃべりたい~) 


テレビで観始めたのがかなり後半からでしたが、主演のシェリル・ヤン(楊謹華)の美しく可愛らしく生き生きとした演技が印象的で、同性ながら観ていて惚れ惚れとしてしまいました。そんな彼女のことが気になり、ネットで調べるうちにドラマのあらすじを見つけ、しまいには遠くのレンタル屋まで通い詰めて最初から見通しました。

台湾ドラマは本当に初めてみましたが、テンションもかなり高めなので、最初は少女マンガ的な印象を感じました。聞き慣れない中国語でしたが、特に主演の二人の時々みせる機関銃のようなやりとりが面白く段々心地よくなってきます。話の展開も面白いし、結構笑えて泣けます(おいおい!とツッコミたくなる場面も少々ありますが…)

このドラマはシェリルよりもフリーター役のイーサン・ルアン(阮經天)の方が有名らしいですね。最初、彼をみた時に正直あんまり好みじゃないなぁ~と思ったのですが(みた場面が悪かったのか?)全部見終わっての感想は、いやぁ~やっぱりいい男です!(おいおい…)アジアンチック?な顔立ちと声がとても素敵です。

台湾では結構人気のあったドラマのようで、以後主演の二人も人気が出たようです。今後の二人の活躍が楽しみです。
トラックバック0 コメント0
DYMO ラベルテープライター M1880
2009-10-14-Wed  CATEGORY: 好きなもの
DYMO 1880 とうとう手に入れてしまいました。

20091014051004.jpg

興味はずっと前からあったのですが、ここ数日で『欲しいモード』に火が…

そうなるとあれやらこれやら調べたくなる私。ネットで人の商品評価を読みまくる。

私が手に入れたこの『DYMO 1880』は大文字、小文字、小文字の筆記体の文字盤があり、制作途中でも字体を変えたりできるのでとても便利。
本体サイズ:58mm×122mm×24mm 
ストラップが付属している、とてもコンパクトなラベルメーカー。
ラベル幅は9mm

20091014051008.jpg

ちなみに上は赤のグロッシータイプのテープ。携帯カメラ撮影のため色が悪いが、実際の色は結構シックな感じで(他のテープも結構落ち着いた色み)自分好み。

使い方に関してパッケージの裏側に写真入りで書いてあるが、正直解りにくい。
でも仕組みが難しい訳ではないので、あれやらこれやら触りながら慣れるといった感じで、一文字一文字しっかり握っていけばぜんぜん問題なくラベルができる(使用感に関しては、多少個体差もあるのかも知れないが)

本当はひらがな、カタカナが打てるタイプが欲しかったのだが、そちらになると結構いいお値段がするのよね~
さんざん悩んで小文字の文字盤があるこちらを購入。

以前に仕事で『TEPRA』を使用していてとても便利だったんだけど、この『DYMO』のアナログな感じとか、字体(機種によっても違うみたい)とかにはとても味があって、やっぱり私は『DYMO』の方がいいなぁ~たまらんなぁ~といったところ。

ラベル作りが楽しくて、ラベルが必要なところがないかしら?と家中を見回す今日この頃です。


トラックバック0 コメント0
連続テレビ小説 『つばさ』
2009-09-29-Tue  CATEGORY: 好きなもの
先日とうとう、最終回を向かえてしまいました。

NHK連続テレビ小説 『つばさ』

私、30数年生きてきた中で初めて、この朝ドラというものをキチンとみたような気がします。

最初は田部ちゃん目当てだったのですが(積水ハウスのCMや、ドラマ『ヤスコとケンジ』でハマる)観出すといつの間にか止められなくなっていました。

主人公の『つばさ』が周りの人と協力しあったり、職場であるコミュニティFMを通して、それぞれがもつ悩みや問題、離ればなれになった人たちの心を繋げていくといった物語。

正直『そんなはずないだろ~』とか『あり得ん!』といった突っ込みどころ満載の設定。
個性的なキャラクターだらけで、でもだんだん愛おしくなってくる人ばかり
川越の街をふわ~んと飛んだり、時の鐘の上から見おろしてみたり、ラジオの男という謎の人物(?)が出てきたりする辺りはファンタジー的なものを感じたり。
話の途中で突然サンバダンサーが出てくる辺り、歌はないがミュージカルコメディかい?なんて思ったり。
でもそこがドラマであって、面白いんじゃないかって思っていました。

私、結構入り混んで観ているからどちらかっていうと、後で落ち込まなくてすむこういうハッピーなお話の方が好きです。


昨日ネットで『つばさ』の視聴率が低かったとのニュースみました。今までの朝ドラは知らないからなんとも言えないが、私は毎日笑ったり泣いたりできて、面白かったんだけどなぁ~独特な世界だったから朝ドラには合わなかったのかな…

田部ちゃん以外にも大好きな俳優さん一杯いたし、このドラマで開拓した俳優さんもいて、毎日元気を一杯もらっていたような気がします。

また『つばさ』のような面白いドラマみたいなぁ~
コメント0
テレビ通販
2009-05-28-Thu  CATEGORY: 好きなもの
最近またハマり始めた『テレビ通販』いやぁ~ヤバいっす、煽られまくってます。

そう言えば数年前にも、夜中にやってる海外のテレビ通販が面白くて『次は何が出るんだろう?』ってワクワクしながら夜更かししてたなぁ~

最近、家で『ショップチャンネル』や『QVC』が見られることを知り(遅っ!)『買うまい、買っちゃならん!』などと言いながらも暇があると見てる私…
24時間ライブ放送。商品紹介をしているキャストとゲストのやりとりも徐々に白熱してくるし、そのキャストやゲスト共に個性的な人が多く見ていて面白い。上手いことできてるよなぁ~なんて旦那と一緒に感心しながら、私もつい釣られてしまいそうになる(実際吊り上げられてる!?)だって欲しいものばかりなんだもの~!

元々お買い物大好きですが、最近忘れかけていた?『お買い物魂』にすっかり火が着いてしまったような…買いすぎないように、旦那に怒られないように!?注意します!??


コメント0
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 気の向くままに. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ
Copyright © 気の向くままに All Rights Reserved. Powered by FC2ブログ.