上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
気の向くままに 未分類
その日その日に出会ったものや感じたことを、気が向いたまま書いていきます。
気の向くままに
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すごくいい!!! この感じの曲!Joanna Wang(ジョアンナ・ワン)王若琳
2010-08-18-Wed  CATEGORY: 未分類
この気怠い感じというかなんというか…声の雰囲気とかとても気になる曲です。
見ての通り歌詞については全く分かりませんが、またしてもこの雰囲気だけでやられちゃいました、といったかんじでしょうか。

王若琳 Joanna Wang - 因为你爱我




台湾のシンガーJoanna Wang(ジョアンナ・ワン)こと王若琳(ワンルオリン)台湾生まれですがアメリカのLA育ちで英語と北京語で歌います。この曲のアルバムが確か2008年ぐらいのもののようですが、彼女は20歳前後ととても若い。なんだろうこの大人っぽい雰囲気。
お父さんも有名な作曲家兼プロデューサ-とのことで、彼女の音楽もそのお父さんのプロデュースによるものとのこと。

王若琳 Joanna Wang - 有你的快樂



実は先日の台湾ドラマ「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ」の試写会にて、ドラマのエンディングとオープニングにつかわれていたこの曲を聴いて、どっぷりとはまってしまったのでした。アルバムも只今取り寄せ中ですし…
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
『富士丸な日々』
2009-10-08-Thu  CATEGORY: 未分類
『富士丸な日々』
穴澤 賢さんのブログ、富士丸くん(コリーとハスキーのミックス犬)との一人と一匹の楽しい日記。

大好きでいつもお邪魔していました。

でも、先日10月1日に突然、富士丸くんが息を引き取ったとのこと。

まだ7歳…

穴澤さんのお気持ちを考えると、どんな言葉も慰めにはならない…

ただただ、穴澤さんと富士丸くんに「ありがとう」としか言えない。


ふじまる ふじまる ま~るまる~

ふじまる ふじまる ま~るまる~

ふじまる ふじまる ありがとう~


富士丸くんのご冥福を心よりお祈りいたします。


トラックバック0 コメント0
色 color
2007-07-07-Sat  CATEGORY: 未分類
色って今、自分の中のひとつのキーワードでもある。ファッションとかそういうものには正直疎いが、色だけは感覚的にこだわりがあるような気がする。大抵のものにはまず色から入る。この色だとちょっと安っぽく見えるとか、もうちょっとこの色、青みがかるといいのに…とか、形もあるけど色みで変わる質感とかにすごく興味がある。
去年の夏に初めて『色彩検定』なるものを受けた。仕事上必要とかそういうことは一切なくて、本当に趣味での受験。十数年ぶりの勉強。昔から嫌いなことはトコトンやらなかったが、好きなことがそんなに苦にならないのは昔と変わらないのね。まぁ勉強の後半は付焼き刃的にもなったけど。一度勉強すると、ものごとが今までと違った方向から見えるようになるのも面白いことだよね。さぁ~てそろそろひとつ上の級を目指して勉強始めなきゃだわ。
トラックバック3 コメント0
もうすぐ…
2007-07-06-Fri  CATEGORY: 未分類
仕事中に骨折をしてから1年経ちます。
それまで、軽い捻挫とか突き指ぐらいしか怪我をしたことなかったし、ましてや入院手術すべてを一度に経験することになろうとは…
ちょうど仕事のイベントが続いていて、最終日も無事に終わって気も緩んで疲れもピーク、片付けている最中に「どうやってこの高さで骨折する?」というような10センチもないような段差を踏み外し「あーなんか筋がのびた…捻挫したなぁ」と思い、病院に行くとレントゲン写真をみた先生から「折れてますね」とあっさり言われる(左足首足関節外果骨折だったかな、先生の診断書は読めなくて…)「まあ、このぐらいの骨折だとギプスで固定でもいいが、手術した方がきちんとなおると思うけど、どうする?」と言われる「ウソー!骨折!?手術!?」つい大声をあげてしまう。
覚悟をするもへったくれもなく?もうなるようにしかならん!と腹をくくり、即初めての入院手術。点滴の針が入らなかったり(最終的には手の甲に…イタイ…)ボルトで固定した足は次の日から少しずつ動かせと言われたり(え~?折れてるのに平気なの?)反対側の足も軽くひねっていて入院期間をのばしてもらったりいろいろあったけど、意外に精神的に強いのか、ただ単に鈍いだけなのか、初めての経験はちょっと面白かったりする。同室のおばあちゃんとか、先生も看護士さんたちも理学療法師の先生たちもみんなあったかくて、優しくて居心地よかったんだよね(病院内は涼しくて快適だったし)家族の優しさも改めてありがたく感じることもできたし、約2ヶ月間の休みはいい静養期間になったと思う。
足の怪我は歩けないし、どうってことない段差でころんでみたり、コンビニのドアがあけられなかったり、体は元気だがバスや電車は怖くてしばらく乗れなかったり、普段気にもしなかったことが本当に不便だった。改めて健康の大切さとかを痛感する。
その後の抜釘(ボルトを抜く手術)も無事に終わり、今は怪我する以前のように普通に歩いたり、走ったりできるようになった。手術の跡は残っているけどね。
トラックバック0 コメント0
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 気の向くままに. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ
Copyright © 気の向くままに All Rights Reserved. Powered by FC2ブログ.